自立学習のその先の「自発学習」を目指す

学習教室

しゃかりかクラブ

「しゃかりかクラブ」には前身があります。
私が小学校3年生の時にクラスで三四朗新聞(3年4組だったため)という学級新聞を作っていました。 新聞編集自体はクラスメートの持ち回りでしたが、担任の先生と交渉してその中に毎月連載するコーナーのスペースを確保しました。 そのコーナーの記事を集めるためにクラスの有志7〜8人を募って結成したのが「しゃかりかクラブ」です。 「しゃかりか」という造語は当時私が考え出したものです。

私の母がいろいろと交渉してくれたおかげで、清掃工場・青果市場・山手線一周・動物園清掃など、学校の社会科見学とは別に実にさまざまな体験を積むことができました。 そのことは後の私の「なにごとにも積極的にチャレンジする」という性格形成に大いに役立ったと考えています。

この「しゃかりかクラブ」復活は私の長年の夢であり希望でした。 是非ともこの新生「しゃかりかクラブ」を通して、一人でも多くの子供達の好奇心ややる気を育んでいきたいと考えています。