自立学習のその先の「自発学習」を目指す